線香

葬儀の前も後も大忙し|遺品整理は業者に依頼

最後を家族だけで見送る

葬儀

家族葬は全ての人に受け入れられている葬儀の形ではありません。特に地方部の近所や親戚との付き合いが濃いところではまだ受け入れられにくい葬儀の形です。自分たち家族だけではなく、周囲の人への対応も考えておく必要があるでしょう。

もっと読む

親身になって話をしてくれる

数珠

しっかりと希望を聞いてくれる東京の葬儀屋さんを選ぶ事で、安心して故人を送り出せます。そのためには、事前にいくつかの葬儀屋さんを調べておくと安心です。また、規模は小さくともその地域で長く葬儀屋さんを営んでいるところも視野に入れると良いでしょう。

もっと読む

身内が亡くなった場合は

ダンボールを持つ人

神戸で親が暮らし、子供は東京で暮らしているというケースがよくありますが、遠方に住んでいると、親が亡くなってもなかなか遺品整理を進めることができません。でも、神戸には、依頼者が立ち会わなくても作業してくれる遺品整理業者が存在しています。

もっと読む

葬儀社への依頼

ダンボール

大切な家族が亡くなると、悲しみのなか葬儀の手配や弔問客への対応をしなければなりません。葬儀のスタイルは地域によって異なりますが、西宮では葬儀社へ依頼するケースがほとんどです。あまり知られていませんが、死亡から火葬や埋葬までは死後24時間を経過していないとおこなうことができません。また、死亡届を出さないと火葬許可証も交付されないので葬儀をおこなうためにはまず、市区町村役所の戸籍係への死亡届の提出が必要になります。この手続きは葬儀社に代行してもらうことができます。病院で亡くなった場合は、病院が契約している葬儀社によって遺体を運ぶことができます。自家用車で遺体を運ぶことはできないので注意が必要です。もちろん病院が契約しているからといってその葬儀社に依頼する必要はありません。最近では生前予約で葬儀社を自分自身で決めておく人も増えています。

最近、自分自身の死後について準備をしておく人が増えています。葬儀社の手配はもちろん、葬儀にかかる費用の確保のために保険サービスに加入する人も少なくありません。宗教や葬儀に対する希望を事前に家族に伝えておくことは、いざという時に残された家族が慌てずに済むというメリットがあります。西宮には多くの葬儀社があります。そのなかから自分の希望に沿った葬儀をおこなってくれる葬儀社を選ぶためには、情報集めが大切です。近くの葬儀社に相談すると有益な情報が得られるかもしれません。葬儀社は葬儀の手配や段取りをおこなうのが一般的ですが、西宮には遺品整理もおこなってくれる葬儀社があります。遺品整理とは故人の遺品を整理して不要なものを処分することをいいます。西宮には遺品整理業者もいくつかあります。葬儀と遺品整理をそれぞれ手配するのが大変な場合は、一緒に行なってくれる葬儀社に依頼すると効率的です。また、遺品整理業者によっては遺品をそのまま買取ってくれるところがあります。部屋の整理もできて臨時収入もあれば一石二鳥だと言えます。また、遺品整理にかかった費用をその買取金額に充ててもいいでしょう。そのため、遺品の買取りまで行なっている業者を探す必要があります。